千葉のご臨終から葬儀までの流れ

千葉の葬儀を考えてみる

千葉で葬儀をする場合、遺体を安置し、枕飾りやその他の支度をし、葬儀社を決めて葬儀の詳細を決める流れとなります。

新着おすすめ記事

千葉のご臨終から葬儀までの流れ

千葉の葬儀の多くは仏式で行われています。

葬儀に参列したことはあるけれど、実際に自分が葬儀をするとなったら、どの様なことをするのでしょうか?

人により不幸が起こる場所というのは人によって違いますが、その多くは病院のベッドになります。

病院で亡くなると、その後、遺体は安置場所に搬送されます。

遺体の搬送は葬儀社に依頼して搬送車にてお願いするケースがほとんどです。

搬送については病院で提携していて、紹介される葬儀社を依頼するとスムーズにかつ安全に搬送を済ませることができます。

ご遺体をご自宅に搬送した場合、敷き布団を敷き、新しい白いシーツを掛けて、北枕もしくは西枕にご遺体を安置します。

掛け布団も白いものを使用します。

これらのシーツや枕などは搬送をお願いする葬儀社のほうで用意してもらえます。

遺体の胸のところには魔除けの刀、顔には白い布を被せます。

枕飾りという簡易な祭壇を飾って、一膳飯、水、枕団子をお供えします。

菩提寺に連絡をして、僧侶を呼び、読経をお願いします。

葬儀を依頼する葬儀社を決めて、近親者を含めて葬儀の形式や日程を決めます。

打ち合わせをする内容とは、斎場、火葬場、喪主、葬儀委員長や受付、会計などのお手伝いいただける人、会葬者のおおよその予測、飲食、会葬礼状、香典返しなどになります。

千葉で葬儀をする場合、遺体を安置し、枕飾りやその他の支度をし、葬儀社を決めて葬儀の詳細を決める流れとなります。